茨城県議員会

政策情報

政調会が台風24号被害調査

2018年10月04日 (木)

 
いばらき自民党の政務調査会(森田悦男会長)は10月4日午後、日本列島を縦断した台風24号による6億円を超える農作物などの被害状況を調査しました。
葉梨衛議員会長や森田会長らが調査したのは、笠間市本戸の葉物野菜のパイプハウス、同市長兎路の栗園、坂東市長須の長ネギなどの露地野菜ほ場の3カ所。いずれも笠間市で最大瞬間風速35.4m/sを記録した猛烈な風による被害です。
政調会では、倒壊したパイプハウスや、大量に落下した収穫直前のクリ、地表部分が倒伏した長ネギ、傷ついたサニーレタスを目の当たりにし、県等に対して、その対策に万全を期すよう求めていきます。

 

 

 

前のページへ戻る