自民党茨城県連を知る

会長あいさつ

自由民主党茨城県支部連合会会長の梶山弘志です。

本年は皇位の継承という歴史の節目を迎え、新元号がスタートする転換の年になります。茨城県でもG20貿易・デジタル経済大臣会合や、茨城国体・全国障害者スポーツ大会が45年ぶりに開催されます。

また、昨年末に県議会議員選挙が新県知事になって初めて執り行われ、県民の皆様の信を得て、自民党会派の党勢を維持することができました。我が自民党はこの県民の皆様の期待にしっかりと応えるべく、豊かで活力ある地域づくりを目指し、新知事と県議会による新県政を維持し、県政与党として、茨城のポテンシャルを最大限に発揮できるよう、事業や政策の着実な推進を後押ししてまいります。

また本年は、12年に1度の政治決戦の年となる統一地方選挙と参議院選挙が重なる年です。わが党は、何としても総力を挙げて必勝を期し政治基盤を一層強固なものにし、県民の声を国政に届けていく決意です。

私たちは、「国民の声を聴き、課題を確実に解決できるのは自民党しかない」という揺るがない信念と気概を持ち、県民の皆様と交わした約束を着実に実現していき、確かな未来を創るために総力を挙げて、現在成しうるべき責任を果たしていくことをお誓い致します。

党員・党友・茨城県民の皆様のご支援、ご協力を心よりお願い申し上げます。