茨城県連を知る

県連情報

県議選必勝へ向け選対本部を設置

2018年10月15日 (月)

 
自民党県連(梶山弘志会長)は10月15日、水戸市内で会議を開き、11月30日告示・12月9日投開票で行われる県議選での公認・推薦候補全員当選に向けて、梶山会長を本部長とする「茨城県議会議員選挙対策本部」を設置するとともに、県連事務所玄関前に高さ約3bの看板を掲げました。
看板の設置には、梶山会長をはじめ、本部長代行を務める海野透会長代行、副本部長の田山東湖幹事長、西條昌良筆頭副会長、葉梨衛議員会長、細谷典幸副会長、森田悦男政務調査会長、下路健次郎組織本部長、舘静馬広報本部長、上月良祐参院議員の10人が参加しました。
なお、同日幹部役員会を開き、県議選の推薦候補1名と、八千代町長選の推薦候補1名を決定しました。
新たに決まった各選挙の推薦候補は以下の通りです。

茨城県議会議員選挙(12月9日執行) 石塚隼人 (坂東市・五霞町・境町選挙区、新人)
八千代町長選挙(平成31年1月20日執行) 水垣正弘 (新人)


関連リンク: