茨城県連を知る

県連情報

知事へコロナ対策の充実・強化を要望

2021年09月16日 (木)

 
いばらき自民党(白田信夫会長)は9月16日、政務調査会(飯塚秋男会長)が取りまとめた「新型コロナウイルス感染症対策の更なる充実・強化を求める要望書」を、先の知事選で再選を果たしたばかりの大井川和彦知事に提出しました。
今回の要望は、「第5波の収束がいまだ見通せない中、県民の命と県内経済を何としても守り抜くため、知事の強力なリーダーシップの下、前例にとらわれることなく、思い切った対策を願いたい」として、①戦略的なワクチン接種の実施②県民の命を守る医療提供体制の充実・強化③事業継続の支援とワクチン接種後の経済活性化(幅広い事業者の事業継続への支援、県内中小企業・小規模事業者等の資金繰りの支援、ワクチン接種後の経済活性化)を求めました。
要望書の提出は知事応接室で行われ、白田会長が要望の経緯を、飯塚政調会長が要望書の内容をそれぞれ説明しました。自民党県連からは海野透会長代行、葉梨衛会長代理、西條昌良幹事長、小川一成総務会長、細谷典幸、山岡恒夫、川津隆、森田悦男各副会長が同席。県議会の常井洋治議長、石井邦一副議長も加わりました。
意見交換の中で、大井川知事は、第6波への備えとしても、要望項目の予算化等に精いっぱい努力したい旨を述べました。


関連リンク: