活動報告

2016年05月21日 (土)

東日本大震災復興チャリティーイベント「ちゃりま」に参加

自民党茨城県連青年局(下路健次郎局長)は、5月21日(土)横浜ランドマークプラザで“3.11を忘れない”をテーマに、東日本大震災被災地復興を目的とした、チャリティーマーケット「ちゃりま」に参加しました。
当日は、下路青年局長をはじめ、鈴木将(総務・事業宣伝部長)、萩原勇・星田弘司県議及び市町村議員などの青年局会員8名が参加し、北茨城市・常総市・茨城町の特産品を販売させてもらうほか、被災地の復興や地元PRを呼びかけました。

詳細を見る

2016年04月16日 (土)

政経フォーラムにおいて熊本地震被災者支援募金を実施

青年局(下路健次郎局長)は、4月16日(土)水戸市内のホテルにて開催された、政経フォーラムの出席者に呼びかけ、立て続けに発生している熊本地震による被災者支援募金を実施しました。当日は、下路青年局長、高橋次長(街頭行動部長)をはじめ青年局所属県議等が参加し、多くの募金が集まりました。今回お寄せいただきました善意の救援募金は、後日被災地へお届けする予定です。

詳細を見る

2016年02月08日 (月)

第30回青年局「TEAM−11」を常総市において実施

自民党茨城県連青年局(下路健次郎局長)は、2月8日(月)常総市内において、党本部青年局長の牧原秀樹衆議院議員や、地元茨城5区選出の石川昭政衆議院議員をはじめとする党本部青年局メンバー12名と、第30回青年局「TEAM−11」を実施しました。当日は、県連青年局から下路青年局長、地元選出の神達岳志県会議員をはじめ12名が参加する他、地元国会議員の永岡桂子衆議院議員も参加いただきました。最初に常総市役所に於いて高杉徹市長や市執行部、市議会議員等と、去年9月に発生した豪雨水害発災後の災害対応や、今後の課題について意見交換会を行いました。その後青年局メンバーにて、圏央道常総インターチェンジ建設現場にて、今後開通の見通しとインター周辺の開発について、次に上三坂地区の豪雨災害決壊現場にて、発災から復旧についての説明を国土交通省からいただきました。最後に常総市役所にて、地元商工会のメンバー約10名と被災地区の商工業の現状について意見交換会を行いました。県連および党本部青年局は、今回の視察調査で頂いた貴重なご意見を、これからの施策に反映するよう努めてまいります。

詳細を見る